So-net無料ブログ作成
検索選択

慶楽@有楽町 de 上湯炒飯(スープ入りヤキメシ) [外deごはん]

チャーハン情報サイトが大人気らしい。

 ここかな?
 ・東京炒飯 http://chahan.cri-how.com/

 ふ~む、言われてみれば、ラーメンやカレーに比べてると、どこそこのチャーハンが美味しいという情報よりも、いかにして家庭で美味しいチャーハンを作るかというハウツーテキストの方が多い気がする。東京周辺のチャーハンなら「チャーハン・炒飯 美味礼賛」というブログにお世話になっちゃいます。

 私の好きなチャーハンを一品紹介するなら、断然、有楽町にある老舗広東料理店「慶楽(けいらく)」の上湯炒飯、スープ入りやきめし。やー、これ大好き♪

DSC05951.JPG

 汁モノ好きの私にはチャーハンより汁そばを選んでしまいがち。だけどここならチャーハンとスープをがっつり戴けるのですよー。

 あっさりしたスープに沈んでいるチャーハンは、熱々~っ☆ 油でコーティングされてるのでそう簡単にふやけませぬ。

 プリプリの海老3匹も嬉しい。チャーシューは八角の香りばっちり。

DSC05952.JPG

 一時期はいつ行っても営業してなくて、泣く泣く別のお店でガマンしてた日々も有りました・・・。入口だけ暗かったりね。先日久々に来店したら、店内は明るいし、若くて可愛い店員さんが2、3人いて華やかでした。

 温かいものでおなかいっぱいにしたい時は迷わず慶楽、ですよん♪

from rouxchan


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

YEBISU特製駅弁「ヱビス亭 仲冬乃膳」de ウマー(゜Д゜)の巻 [外deごはん]

わーい♪

main2.jpg

 夏に売り出されたEBISU特製駅弁 「ヱビス亭 暑中乃膳」 は都合が悪くて買えなかったこともあって、今回の「仲冬乃膳」が売り出されることを知り超小躍りして喜びましたッ!!ありがとう、サッポロビール。

 涼しげな水色の風呂敷に包まれた「暑中乃膳」は千葉県の「万葉軒」が製造、7月18日から8月2日の期間に限定1000食分、JR東京駅、JR千葉駅、JR木更津駅構内の一部売店で販売されたもの。

 今回の「仲冬乃膳」は、岩手県一関市の「あべちう」が製造、地元岩手の海の幸山の幸をふんだんに使い、12月5日(土)~12月20日(日)の15日間にJR東京駅、JR一ノ関駅、JR盛岡駅構内の一部売店にて限定600食の販売。

これにヱビスビール350mlがついて2000円也。むむむ、これは急がねば!

 ということで発売日初日、JR東京駅へ買いに往きましたとも♪

 販売15分前には既に列が出来ていて、他の駅弁を求めるお客さんとは分け隔てて整列されました。後ろに並んだご夫婦は「暑中乃膳」を購入されて今回も・・・ということでした。羨まっ!

 ご対面~

DSC05991.JPG

 上段には色とりどりのお惣菜。どっから見ても美味しそう。

 一乃桝
 ・岩手県三陸産あわび煮 ・岩手県産ほうれん草のからし和え ・ミニトマト

 二乃桝
 ・岩手県産牛の野菜巻き ・いわいどりの照り焼き ・まいたけのバター炒め

 三乃桝
 ・イーハトーブのまごころ煮 ・有頭エビの塩茹で

 四乃桝
 ・ともづな巻 ・枝豆ふっくら揚げ ・黒豆 ・ぎんなん

 下段には三陸産の鮭といくらの親子重。間に散らされた錦糸卵の黄金色が綺麗です。いくらは柔らかく仕上がってました。

DSC05994.JPG

 香の物は岩手名産金婚漬とサクラ大根。金婚漬とは、白瓜をくりぬいて、昆布で包んだニンジンとゴボウを入れて味噌でじっくり漬けたもの。ニンジンとゴボウを長年連れ添った夫婦に例えたおめでたい漬物だそうです。

 嬉しいことに、甘味もついてました。きじもち、ごまもち、くるみ入りごま寄せ寒天、ゆず柿。満足し過ぎました!!食べ過ぎじゃよ~ 

DSC05992.JPG
 出来ることなら、北を目指す列車に揺られながら、ビール片手に移り逝く景色を眺めて舌鼓を打ちたかったなあ。そんな余裕はなく贅沢な駅弁を有楽町のベンチでこそこそ食べてしまったのが淋しかったけど、なんか夢中で食してしまいました。

 もしも次の膳が販売されることがあれば、その時は駅弁にふさわしい贅沢な旅を企てたいと思いましたとさ。

from rouxchan


 

 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

陳建一麻婆豆腐店 de 陳麻婆御膳~陳建一麻婆豆腐セット~ [外deごはん]

あちこちでチェーン店展開している陳建一プロデュースのお店だそうです。

 うちではたまに作る麻婆豆腐。有名人がデカデカと広告されているお店に美味いもの無し、と信じているので一抹の不安はあったものの、中華の鉄人の作る麻婆豆腐はどんなものなのかという興味が優りついに入店。 

 「いらっしゃいませ~」

 日本語もたどたどしいけど可愛いクーニャンが迎えてくれました。接客態度はとてもとても丁寧。

 注文したのは「陳麻婆御膳」。陳建一麻婆豆腐セットなのだ。ライスとザーサイと焦がしネギの浮かぶスープがついて1050円。ランチタイムでもディナーでも1050円。陳建一入門編ですね。。

 ライスとスープはおかわり自由で、クーニャンがきちんと説明してくれた。そんなこと言われてもそんなにゴハン食べないと思うけどなあ~

 と、思ったのは大間違いー!!

 作り置きのカレー屋並の速さで麻婆豆腐セットはやってきた。トレイの上に置かれてた麻婆豆腐や陳親子のウンチクを読むヒマもないほどです。

 ともかく驚きなのは

 ラー油の量が

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

蕎麦処ささくら de 鴨つけそば [外deごはん]

鴨の濃厚なつけ汁が身体を温めます。

DSC05083.JPG

 今年最初で最後のスキーへ途中、長野県の軽井沢まで友達がネットで知った蕎麦屋でお昼を食べました。そこが蕎麦処ささくら。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

赤坂コート・ド・ルージュ de カベルネ・ソーヴィニヨン しゃぶしゃぶ [外deごはん]

しゃぶしゃぶしてきました♪

DSC05021.JPG

 去年の冬に「行きますか?」とお誘いされていた、赤坂コート・ド・ルージュへしゃぶしゃぶに行きました♪ うはー。最初は「シャブリでしゃぶしゃぶ」の予定でしたが、満場一致でお肉となりました。お肉は和牛と羊のセットです。

 お鍋がセッティングされる前に、天使の海老の温っかサラダと

DSC05025.JPG

フォアグラソテーを挟んだサンドウィッチを

DSC05027.JPG

摘みながらシャルドネ100%の白ワインでルネッサ~ンス☆☆☆

DSC05023.JPG
 会話も弾みます。新潟のお味噌とか「もやしもん」とかで(笑)

 わー、やってきたー

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

海南鶏飯食堂(ハイナンジーファンショクドウ) de 海南鶏飯 [外deごはん]

 海南鶏飯って、「 うみみなみとりめし 」って読むの?

Page0001.jpg

 ・・・かと思ったら「 ハイナンジーファン 」でした!

 映画を観る前に気になるお店があるというので友人と一緒に六本木の海南鶏飯食堂へランチをしました。

 鶏飯は、中国海南島出身の華僑の人々がシンガポールに伝えた故郷の味、ソウルフードなのだそうです。鶏肉の旨みたっぷりのスープで炊き込んだジャスミン米と一緒に特製ソースを掛けて茹で鶏を食べるという。

 うーん、それってほんとうに美味しいのかな? 阪神タイガーズ、じゃなくて、半信半疑で望みました。いやーあのー、茹でモノは調理方法がシンプルなので茹で加減がむずかしいと思ってるので有りますよ。
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

グリルサクライ de ポークカツカレー [外deごはん]

正月が過ぎると無償にカレーが食べたくなるのは何故なんでしょ~???

DSC04609.jpg

 メキシカンチリハンバーグが美味しいと評判の横浜関内のグリルサクライでポークカツカレー@940円を頂きました。久しぶりの来店になります。

 以前のリリース記事はこちら↓
 http://rouxchan.blog.so-net.ne.jp/2007-07-08

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

キリンシティプラス東京銀座 de 季節限定メニュー二品 [外deごはん]

銀座のキリンシティは美味しーい!と身内でも評判なのですが、店名に「+(プラス)」が付いていることには今頃気が付きました。プラスがついている分なんか違うのね。

DSC04536.JPG

 年始に墨田川七福神めぐりの帰りに、干支の和小物を求めて銀座まで出たものの求める品物はあいにく売り切れ。歩き疲れたカラダとノドに潤いを求めて、美味しいビールとこだわりの料理が手軽に楽しめるお店といえば、キリンシティ

 正月三ケ日だったのに豆腐以外は全部出来るとのこと。なんとも頼もしい!!なので、キリンシティプラス東京銀座 オリジナル季節メニューのうち二品をチョイス

 ●真烏賊とセリのオリエンタルサラダ
DSC04535.JPG

 湯掻かれた真っ白い真烏賊の盛り方が芸術的です。シンクロナイズドスイミングで水面からすらりと伸びた美脚みたい。崩すのがもったいなーい。ピリリと辛いのはラー油かなあ?生でセリが食べられるんだと友人は感心してました。
 
 ●庄内豚うで肉のスパイスロースト
DSC04539.JPG

 それほどブラックペパーの辛さは感じませんでしたが、もっちもちの豚が美味しいですね。肉汁がじゅわじゅわじゅわ~~ 甘みのある玉ねぎのグリルと一緒に食べると美味しさのハーモニーにうっとり~♪

 あとはゴマ油の風味も香ばしいマグロのカルパッチョも頂きました♪
DSC04537.JPG

 嗚呼、ビールがビールが進みます♪ ビールは軽い苦味が好ましいハートランドの生でグビりましたとも。
DSC04538.JPG

from rouxchan

キリン・シティ・プラス 東京銀座 (Kirin City) (ビアホール・ビアガーデン / 銀座、銀座一丁目、有楽町)
★★★★ 4.0


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

せい家(セイヤ) de 醤油らーめん [外deごはん]

先日阿佐ヶ谷で頂きました。

DSC03995.JPG

 「せい家」は都内を中心にチェーン展開しているラーメン屋さん。店舗はJR阿佐ヶ谷駅南口近くの商店街へ入って左側すぐの場所に有りました。来店は初めてなので、普通にらーめん@500を注文。「麺かた濃いめ。脂多めで~」と我侭こいてもOKです。麺は通常は太麺だけど、同一料金で細麺も選べました。

 あまり待たされずにやってきたのは家系の醤油とんこつラーメン。
DSC03994.JPG

 トッピングの海苔の香りが食欲をそそります。うーん、磯の良い匂いがします。しっかりした板海苔でした。

 家系のらーめんにしては上品な味わいでした。ヘンな雑味がなくて食べやすかったです。ほうれん草もヘンにべちゃべちゃしていなく、家系の優等生といったバランスのよい逸品でした。チャーシュも柔らかく、脂っこくない上に臭みがなくて、肉苦手な私には一安心。肉食の人には物足りないかも?

 ともかくこのご時勢にお値段が500円っていうのは嬉しいですね。トッピングをいい気になって乗せちゃうと値が張りそうですが、玉子50円は普通かな?

 健康のためスープの飲み過ぎにご注意を。
DSC03996.JPG

 チェーン店はマニュアルがあるのにバイトくんが替わったりするとすごく味が変わっちゃうんですよね。同じ人の手に依る調理でもその日の体調で左右されるし、頂くこちらの調子の関係するし、なんとも繊細な関係ですよね。

 美味しかったです。ごちそうさまdeした♪

from rouxchan

せい家 阿佐ヶ谷店 (ラーメン / 阿佐ヶ谷)
★★★★ 3.5


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

CAFE de なにわや [外deごはん]

そのカフェは浅草に存在ります。

DSC03991.JPG

 友人が気になるカフェが在るというので浅草の喧騒をちょこまかと迷いながらやっと探し当てました。

 初めて行く知らない店へ地図を片手に探し回る行為はちょっとした宝探しの様でも有り、迷うのも楽しい時間に成り得ます。

 やっと辿り付いた店舗は角地で、中の様子は伺えますが小料理屋のような引き戸を開けるには少々勇気が要りました。

DSC03993.JPG

 ガラガラと無粋な音をなるべく発てずに開けると、ここは珈琲を飲む処であると主張しているかのような香ばしい匂いに包まれました。

 カウンターには、左にピアス、細いフレームの眼鏡を掛けた痩せた男性が焦茶色い背景の中に静かに佇んでいました。白いシャツと黒いエプロンが良く似合う好男子です。

 白い椅子のカウンターでは一見さんの我々には少々敷居が高いのでニ卓あるお座敷に腰を下ろす事にしました。

 店内は暗い焦茶色で古い家屋のような趣があり、昔懐かしい古いマッチ箱がたくさん展示されていました。夜の雰囲気も味わいたいですね。

 なにわやは最近のカフェには珍しく喫煙推奨で、日頃形見の狭い愛煙家にとっては楽園でしょう。マスターにお願いすると取って置きの煙草が出て来るとか無いとか実しやかな伝聞です。

 ブレンドは3種類有り、値段は各500円。私は「深入りブレンド」を注文。店名が付いた「なにわブレンド」はやや酸味の利いた濃くのある味わいだとのこと。注文を受けてから豆をブレンドして一人分ずつ挽くそうです。

 珈琲はネルドリップで抽出されます。マスターがそれこそ注意深く挽き豆に湯を注ぎ、十分に蒸らしてからゆっくりと回し掛ける手際はどこぞの神経質な人の仕草を思い出させます。

 そうして煎れられた珈琲を口にするとじっくりと燻された苦味の向こう側から豆の甘さを舌先に感じます。一見三十台半位に見えるマスターの経歴を現しているかのように。

DSC03990.JPG

 ハニートーストと一緒に頂くと幸せになるでしょう。

from rouxchan



cafe de なにわや



cafe de なにわや (コーヒー専門店 / 浅草、田原町)
★★★★ 4.0



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。